読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oracleアーキテクチャ

Oracleデータベースサーバの構成

OracleデータベースサーバはOracleインスタンスOracleデータベースから構成される。

Oracleインスタンスの構成

OracleインスタンスSGAバックグラウンドプロセスから構成される。

◇SGAの構成要素
・共有プール:解析済みのSQLコードやPL/SQLコード、実行計画などを保持。
・データベースバッファキャッシュ(DBBC):データファイルから読み込まれたデータを保持。
REDOログバッファ:データの変更ログ(REDOログ)を保持。

◇バックグラウンドプロセスの種類(主要なところ)
・DBWn:DBBCのデータをデータファイルに書き込む。
・LGWR:REDOログバッファのデータを[オンライン]REDOログファイルに書き込む。
・CKPT:チェックポイントをDBWnに伝える。また、制御ファイルとデータファイルヘッダ部にSCNを書き込む。
・SMON:インスタンスリカバリを実施。
・PMON:プロセス障害のリカバリを実施。メモリの掃除とか、排他ロックの解放とか。
・ARCn:REDOログファイルのデータをアーカイブログファイルに書き込む。(コピー)
・MMON:メトリック情報とか管理してた気がする。
・MMAN:メモリ管理。

Oracleデータベースの構成

Oracleデータベースは、制御ファイルデータファイルREDOログファイルから構成される。(主に)

・制御ファイル:データベースの物理構造や制御情報が記載。データファイル、REDOログファイルのパスとかも書いてる。
・データファイル:表や索引などの実データを保存。
REDOログファイル:REDOログを保存。